中小企業の労務管理|大阪・堺市の西野社労士事務所

Service listサービス一覧

REASON選ばれる理由

500件以上の実績

当事務所代表の西野は、会社員として29年間働き、その間500人以上の経営者の方をコンサルティングし業績アップを実現してきました。経営者目線でさまざまな課題に取り組む「人に関する専門家」として豊富な実績があります。

スピーディーかつ気軽にご相談

メール・電話やLINEを活用し、いただいたご相談には遅くともその日のうちに対応しています。また、例えば育児休業中の社員様との連絡は、LINEでご本人様および経営者様とのグループを作って直接やり取りができるようにするなどの工夫もしています。

顧問契約の中身をご提示

「社労士と顧問契約を結んだが期待外れだった」というご経験のある経営者様も多いかと思います。その原因のほとんどが、顧問契約の中身を確認されていないことではないでしょうか。
当事務所では、初回ご相談時(無料)にお望みやお悩みをしっかりと聞いたうえで、具体的にどのようなサポートができるか、顧問契約の中身をご提示しています。

幅広いご相談に対応

当事務所代表は、社会人としてスタートしたときから経営者様の業績アップをサポートしてきましたが、その多くは人に関する問題解決です。
労務管理や助成金などの社労士本来の分野だけでなく、例えば「社員からこんなことを言われたが、どうしたら良い?」といった、普段の業務の中でのささいな疑問にも対応しています。

向上心を持って進化中

社労士自身が向上心を持って進化しなければ、クライアント様に質の高いサービスを提供できません。
当事務所代表は、さまざまな団体やセミナーに加入し、ノウハウや情報を常に上書きしています。

《加入している主な団体・セミナー》
・望月人事クラブ
・一般社団法人 採用定着支援協会
・一般社団法人 日本EXITマネジメント協会

SERVICE LISTサービス一覧

SERVICE1人事労務顧問advisor

OVERVIEW概要

毎月の面談で、人と組織の問題を未然に解決

日常の労務管理および人事管理上の問題や疑問に関し、幅広くご相談に対応し、情報提供や助言をします。月1回の訪問またはweb面談および電話・メール・LINE(無制限)でのサポートが基本となります。

STATUSこんな状況に
・人(従業員)の活用の仕方や労務管理について誰にも相談できない
・自分なりに労務管理をしているが、本当にこれでいいのか不安がある
・依頼している社労士はいるが、どこまで相談していいのかわからない
CONTENTサービス内容
人事労務全般について幅広く対応しています。よくある相談は以下の通りです。

・求人募集時に注意すべき点(人が集まる求人原稿の書き方、募集要項で注意すべき点、キャリアアップ助成金を受給するための採用時の要件、履歴書の見方、採用面接で注意すべき点など)
・入社時の注意点(入社時に提出してもらう誓約書などの必要書類、身元保証人の考え方など)
・従業員間での人間関係の問題
・ローパフォーマーへの対応
・昇給や賞与査定時のポイント
・従業員から給与や労務管理上の質問があったときの対応
・従業員の退職時に注意すべき点(退職時に提出してもらう必要書類)
PRICE料金
月33,000円~(社員数によって異なります)
NOTES注意事項
※料金は税込です。
※成果物が発生する業務(研修、人事評価制度構築、求人原稿の作成、従業員との面談など)については、別途費用が発生することがあります。

まずはご相談から

SERVICE2売れる求人作成による採用支援recruiting support

OVERVIEW概要

「人材不足」を即解決

・良い求人媒体を選ぶ
・スカウトメールを送る
・求人表示順位を上げる
それでも応募が無い理由。それは反応が取れない求人であるから。
新人の売れない営業マンに、どれだけ発破をかけても数字が取れないのと同じ。
反応の取れる=売れる求人を作成することで、安定して応募が集まるようサポートします。

STATUSこんな状況に
・求人広告を出しているが応募がない
・応募は来るが良い人材が来ない
・採用にかかる費用を抑えたい
・人材不足で悩む状況から脱却したい
CONTENTサービス内容
・求人原稿を当事務所で作成(2原稿)
・求人原稿作成(貴社)コンサルティング
・indeedやGoogleしごと検索などの無料求人媒体を利用した募集
PRICE料金
・初期費用:165,000円
・月55,000円(当初3ヶ月のご契約、以後は募集月のみ)

※求人は出し放題です。募集する職種数、事業所数の制限はなく、いくつ求人を出しても定額です。
NOTES延長保証あり
※料金は税込です。
※3ヶ月間で採用が0名だった場合は、1名目が採用できるまで最大3か月間延長します。

まずはご相談から

SERVICE3中小企業(50人以下)向け
人事評価制度構築personnel system

OVERVIEW概要

会社の要である「人」を成長させる仕組みづくり

多くの企業が構築している人事評価制度は、大半が大企業の実例をもとにしています。しかし、当事務所がサポートしている人事評価制度は、行動科学をもとに中小企業ならではの「企業の個別事情」に合わせて構築するという特徴があります。

STATUSこんな状況に
・はじめて人事評価制度を構築する
・期末になると思い出したように評価シートに記入しはじめる
・個人の成果やパフォーマンスと賃金が合わない
・同一労働同一賃金(定年再雇用者やパートと正社員の待遇差廃止)への対応ができていない
CONTENTサービス内容
人事評価制度には、主に「等級制度」「評価制度」「賃金制度」の3つがあります。入念なヒアリングにより会社の方針や状況などに合わせ、最適なものを選択して構築していきます。全社員参画型で進めていくことも可能です。

【各制度の詳細】
●等級制度
・職能資格等級
・職務等級
・役割等級

●評価制度
・成果ベース(結果に着目)
・行動ベース(プロセスに着目)

●賃金制度
・累積方式(号俸級/レンジマトリックス)
・洗い替え方式(複数賃率表)
PRICE料金
フルパッケージ 1,760,000円~(期間:8ヶ月~) 

※「評価制度や賃金制度のみ設計したい」というご相談にも対応しています。
※社員の抵抗が不安な場合は、まずは「ゆるい」評価制度からスタートするという実例もあります。
NOTES注意事項
※料金は税込です。

まずはご相談から

SERVICE4退職金制度設計severance pay

OVERVIEW概要

良い人材を確保し 定着させるために

若者人口が急激に減少するなか、良い人材を確保し定着させる環境整備が企業としての急務です。
その一環としての退職金制度構築をサポートします。

STATUSこんな状況に
・退職金制度がない
・退職金制度導入を検討している
・退職時の基本給をベースにして退職金を支給している
・会社への貢献度と退職金の額とが一致しない
CONTENTサービス内容
退職金制度を構築・検討するうえで重要な要素はふたつあります。

①制度設計
②財源

それぞれの特徴を押さえたうえで、貴社にぴったり合う制度構築をサポートします。

【退職金設計 二大要素】
●制度設計
・基本給連動型
・定額方式
・別テーブル方式
・ポイント制

●財源
・中小企業退職金共済(中退共)
・民間保険(養老保険など)
・確定給付年金(DB)
・確定拠出年金(DC)
PRICE料金
サポート費:約300,000円
NOTES注意事項
※料金は税込です。
※どのような制度設計にするかによって料金が異なります。

まずはご相談から

SERVICE5就業規則rule

OVERVIEW概要

労使トラブルを防ぐために

近年、労働者と使用者(会社)の間でのトラブルが増えています。その際に「就業規則に残業に関する記載がない」「賃金規程が原稿の法律に対応していない」といったミスがあると、会社にとって不利な条件を受け入れなくてはいけないこともあります。
労使トラブルを予防し、互いに安心して働くことができるよう、就業規則を作成・見直しいたします。

STATUSこんな状況に
・5年以上も就業規則を見直していない
・就業規則の必須記載事項がすべて書かれているか不安だ
・インターネットなどから持ってきたテンプレートの就業規則を使っている
CONTENTサービス内容
■就業規則の作成・変更
PRICE料金
就業規則の作成:55,000円~
NOTES注意事項
※料金は税込です。
※案件の難易度やボリュームなどにより、料金は変動いたします。正確な料金についてはお見積もりにて提示いたします。

まずはご相談から

代表紹介

Chief

代表紹介

事務所概要

Overview

事務所概要

Contactお問い合わせ

相談できることの具体例

社会保険労務士活用の相談例
  • 契約前の不明点について
    社労士との契約を考えているが、どのようなサポートが受けられるのか、何を依頼すべきかわからない。
  • サービス内容の不満
    現在契約中の社労士事務所から十分なサポートやアドバイスが得られずに困っている。
  • 契約タイミングの判断
    会社の規模に応じて、いつ社労士と契約すべきかの判断基準についてアドバイスが欲しい。
労務管理の相談例
  • 就業規則の作成・見直し
    就業規則の作成(または見直し)を考えている。費用を抑えつつ、リスクを防止できる規程にしたい。最新の法律に基づいた変更も含めて相談したい。
  • 労働基準監督署の調査対策
    労働基準監督署の調査が入る予定なので、準備すべきものや具体的な対策についてアドバイスが欲しい。
  • 従業員の雇用と体制整備
    従業員を新たに雇用(または増員)する際に、法的な問題がないように進め、この機会に適切な体制を整えるために社労士のサポートを受けたい。
採用・退職の相談例
  • 求人を出しても応募がない
    効果的な求人媒体の選び方や魅力的な求人票の作成方法についてアドバイスが欲しい。
  • 従業員からの退職申請
    従業員が突然、今週いっぱいで退職したいと言い出して困っている。対処方法を知りたい。
  • 人材の定着
    従業員の定着率が低い。離職率を下げるための具体的な施策についてアドバイスが欲しい。
給与・労働時間の相談例
  • 給与水準の設定
    適切な給与水準を設定するための具体的な方法や、業界標準に基づいた給与額の決定方法についてアドバイスが欲しい。
  • 固定残業代制度の導入
    固定残業代制度を導入する際の注意点や、法的に問題がないようにするための具体的な手順についてアドバイスが欲しい。
  • 残業時間の管理
    実態に即した残業時間の管理方法や、労働基準法に基づいた正確な残業時間の記録と計算方法についてアドバイスが欲しい。
従業員トラブルの相談例
  • 未払い残業代の対応
    未払い残業代の発生時に、法的に適切な対応を行うための具体的な手順や、労働基準監督署との連携方法についてアドバイスが欲しい。
  • ハラスメント対策
    職場でのハラスメントが発生した場合、具体的にどのように対応すればいいのかアドバイスが欲しい。
  • 従業員の解雇
    解雇を検討している従業員に対し、法的に適切な進め方をアドバイスしてほしい。
お問い合わせフォーム(経営者・人事労務担当の方のみご相談お受付しております。)

プライバシーポリシー

西野社労士事務所(以下、「当事務所」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。


第1条(プライバシー情報)
プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。
プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、ユーザーが検索された検索キーワード、ご利用日時、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、ユーザーのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。
第2条(プライバシー情報の収集方法)
当事務所は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や、決済に関する情報を当事務所の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
当事務所は、ユーザーについて、利用したサービスやソフトウエア、購入した商品、閲覧したページや広告の履歴、検索した検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます)、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を、ユーザーが当事務所や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。
第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当事務所が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正、利用状況の閲覧を行っていただくために、氏名、住所、連絡先、支払方法などの登録情報、利用されたサービスや購入された商品、およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
ユーザーの本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号、配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
ユーザーに代金を請求するために、購入された商品名や数量、利用されたサービスの種類や期間、回数、請求金額、氏名、住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために、当事務所に登録されている情報を入力画面に表示させたり、ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本サービスの利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
ユーザーからのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当事務所がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、ユーザーのサービス利用状況、連絡先情報などを利用する目的
上記の利用目的に付随する目的
第4条(個人情報の第三者提供)
当事務所は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

法令に基づく場合
人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。

当事務所が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
第5条(個人情報の開示)
当事務所は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
第6条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは、当事務所の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当事務所が定める手続きにより、当事務所に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
当事務所は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをユーザーに通知します。
第7条(個人情報の利用停止等)
当事務所は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を要する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
第8条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。
当事務所が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
中小企業の労務管理|大阪・堺市の西野社労士事務所
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町7-9-37
MAIL問い合わせ